ダルクとは?

薬物依存症は、回復(薬物を使わない生き方)が可能な病気です。私たちはその手助けができます。

ダルクとは?

ダルクとは?

1985年に日本で初めて誕生した薬物依存症者の回復のために作られた施設です。DARCとはDrug(ドラッグ)Addiction(依存症、行動嗜癖)Rehabilitation(リハビリ)Center(施設)の文字の頭文字をとってDARC(ダルク)といいます。開設当初から行われている当事者が当事者を支援する方法は現在、ピアサポートと呼ばれ精神医療の治療においても注目されています。ダルクは2016年現在59団体83施設が全国にあります。

川崎ダルクについて

川崎ダルクについて

2004年に川崎ダルクは川崎市高津区に設立しました。
現在は、依存症者本人への支援、予防啓蒙活動、相談活動を事業として行っています。川崎ダルクは入所(共同生活を行う)と通所(自宅からダルクに通ってくる)の二つの方法をスタッフと面接の時に決めていきます。スタッフは当事者スタッフが支援をし、同じ境遇から薬をやめていく今日1日を一緒に支援します。
*女性については通所のみになります。

依存症からの回復に必要なことは

ダルクとは?

・依存症からの回復者との出会い
・日々の生活を過ごしていく生活力
・本人が帰属する場所(自助グループ、家族、職場 など)
・経験を共感できる人間関係
・自分の感情を表現する方法
・自己肯定感を育て、何かの役に立つこと

依存症からの回復

依存症からの回復に必要なことは

依存症からの回復には意志や根性だけで良くなっていくものではありません。 ダルクでの生活の中で本人の動機を育て、薬物をやめ続ける過程の中たくさんの経験を通して、人間的成長をしていきます。また世界でも依存症治療に効果があると言われている、自助グループ(12ステップグループ)への参加を目標として、地域に出てからも自身のリハビリを続けていけるようにサポートします。

法人概要

名称 NPO法人川崎ダルク支援会
住所 〒211-0044
神奈川県川崎市中原区新城4-1-1 新城NHビル2F
設立 2004年(法人設立 2006年)
役員
理事長 1名
常務理事 1名
理事 2名
監事 1名
職員 7名(2016年4月現在)

アクセス情報

川崎ダルク

〒211-0044 神奈川県川崎市中原区新城4-1-1 新城NHビル2F
電話: 044-798-7608